QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
mc1446

ご利用のOSおよびブラウザにより一部の機能が正常に動作しない場合があります。
ご了承ください。
推奨環境はコチラです。

2014年04月02日

名古屋ローンテニス倶楽部

   創設100年以上の「名古屋ローンテニス倶楽部」
   が活動拠点する市名城庭球場(北区)について、市は倶楽部と
   委託料無料の指定管理者契約を結んだ。契約は4年間。
   4月1日、庭球場で契約式が開かれた。
   市が倶楽部側に庭球場の優先利用をやめるよう求め、両者で
   協議続いていたが、倶楽部が委託料を受け取らず、自ら管理
   運営する事で決着した。
   倶楽部は戦後間もなく自ら東区武平町(現東区東桜1-13)
   栄コートを造り、市に寄贈した上で利用。
   その後、コートが市の都市開発で使えなくなり、1966年
   (昭和41年)に拠点を名城庭球場に移し、15面のうち、
   5~7面を優先利用してきた。
   しかし庭球場は国有地にあり、特定の団体が優先利用するのは
   好ましくないとして、市は10年ほど前から優先利用をやめる
   よう要請。
   一方で市議会からは「倶楽部の市への貢献を評価するべきだ」
   擁護する声も出て論争になった。
   倶楽部側は今後、庭球場の利用者が払う料金などを管理、
   運営費にあてる。
   河村市長も倶楽部の優先利用を問題視していたが、今回の委託を
   機に、倶楽部ノ名誉顧問に就任した。
   詳細は平成26年4月2日(水)中日新聞、市民版を御覧下さい   
   






  

Posted by mc1446 at 18:52Comments(6)TrackBack(0)