QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 26人
プロフィール
mc1446

ご利用のOSおよびブラウザにより一部の機能が正常に動作しない場合があります。
ご了承ください。
推奨環境はコチラです。

2017年10月30日

全日本ソフトテニス

  天皇賜杯、皇后賜杯、全日本ソフトテニス選手権
  日時  平成29年10月20日(金)から
          10月23日(月)まで
  会場  群馬県前橋市荒口町
      前橋総合運動公園テニスコート

     男子  参加チーム 190チーム
         決勝  
    優勝   水澤悠太・村上雅人(NTT西日本)
        5-4
    準優勝   丸中大明・長江光一(NTT西日本)
      水澤は3年ぶり2度目の優勝、村上は初優勝

     女子   参加チーム  179チーム
         決勝
     優勝    林田リコ・宮下こころ(文大杉並高校)
         5-3
     準優勝   高橋乃綾・半谷美咲(どんぐり北広島)
        林田・宮下は第5回大会以来、67年振りの  
        高校生ペアの優勝
     
       

Posted by mc1446 at 22:21Comments(21)TrackBack(0)

2017年10月28日

全日本テニス女子単決勝

   第92回全日本テニステニス選手権
     女子シングルス決勝
    優勝 今西 美晴(25歳)
       6-4 4-6 6-4
        秋田 史帆(27歳)

    解説者の話
    今西はフットワークを生かしてコートを駆け回り、しぶとく
    ボールを返す守備力が持ち味のプレイヤー。
    秋田はパワーとフットワークを生かして押しまくる
    プレイヤー。
    最終セット(第3セット)秋田が4-1リード、優勝まで
    2ゲームを取る所まで来たが、その2ゲームを取る事が
    出来なかった。
    全日本テニスは誰もが目標して、優勝を目指している
    大会で、4-1、リードで勝てると思うとリズムが狂い
    全日本と言う大会は思い通りに行かない試合である。
    秋田は肩にテーピング、脚にはサポーターをしての
    試合で良く戦ったと思う。
    今西は3回目の決勝で念願の全日本のタイトルを
    手にした。
    女子シングルスは愛知県出身の秋田、田中優季、
    吉富等も活躍した大会でした。
    
      

Posted by mc1446 at 22:42Comments(20)TrackBack(0)

2017年10月27日

新聞記事

   平成29年(2017年)10月26日(木)
   中日新聞夕刊 1面
   老舗料亭 時代の波 
   栄「蔦茂」春からビル営業
   名古屋・栄の繁華街にありながら、日本庭園を
   望める料亭として、財界人らに愛されてきた
   老舗「蔦茂」が来春、現在の店舗を閉じる事が
   分かった。
   近くのビルに移転して営業を続けるが、創業
   百年を超える伝統的な風情を残した料亭が
   一角から姿を消す事になった。
   名古屋市内の料亭はバブル後の低迷の中
   名門料亭「八勝館」は店舗を閉じ、名古屋最古の
   「河文」も経営権を譲渡している。
   新店舗では庭や池といった趣は再現できないが
   より磨きを掛けた料理とサービスでもてなしたい
   と店主が話していた。  

Posted by mc1446 at 00:02Comments(20)TrackBack(0)

2017年10月25日

幸田町民テニス

   愛知県幸田町民硬式テニス小学生
   会場  豊坂コート
   日時  平成29年10月14日
      男子  シングルス
     1位  小野倫太郎(坂崎)
     2位  鈴木(深溝)
     3位  清水(幸田)

      女子   シングルス
     1位   石川季衣(幸田)
     2位   大久保(幸田)
     3位   新井(深溝)  

Posted by mc1446 at 23:42Comments(20)TrackBack(0)

2017年10月24日

全日本テニス選手権

  第92回全日本テニス選手権
  日時  平成29年10月19日(木)から
      平成29年10月29日(日)まで
  会場  東京都江東区有明2-2-22
      有明テニスの森公園テニスコート
      
    男子シングルス予選には過去3回優勝の
    鈴木貴男(41歳)は2回勝ち、本戦出場を決めた
    www.jta-tennis.or.jp/
  

Posted by mc1446 at 14:31Comments(21)TrackBack(0)

2017年10月18日

名古屋市民スポーツ祭

  中部電力名古屋市民スポーツ祭テニス
  日時 平成29年8月20日、9月3日
  会場 名古屋市北区名城庭球場
     中学生 男子
     1位 加藤・鈴木(川名・神沢)
     2位 早瀬・松本(新甫・守山東)
     3位 加藤・小林(長良・神の倉)
        清水・鬼頭(名大付)
     中学生 女子
     1位 浅野・森川(菊井・浄心)
     2位 宇佐美・亀井(金城)
     3位 瀬古・松本(金城)
        大城・高橋(扇台・城山)

      一般 男子
     1位 大井・神谷
     2位 加藤・大橋
     3位 森田・村松
        岡田・高橋

     一般  女子
     1位 西堀・井上
     2位 和田・纐纈
     3位 川崎・寺田
        長沼・上本  

Posted by mc1446 at 17:05Comments(21)TrackBack(0)

2017年10月18日

ナチュラルとマルチ

  ナチュラルとマルチフィラメントの比較  
  価格はナチュラルが(張り代+ガット)で¥5500
  マルチフィラメントは¥4000前後
  耐久性はナチュラルの方が勝る場合がある。
  打球感、価格等、総合的にはナチュラルの方が
  当店では評価は高い。
  ナチュラルに付いてはガット張りの技術が
  しっかりと習得していないと、耐久性が悪く、
  すぐに切れる事が有るので気をつけて下さい。
  ナチュラルの使用はコートが湿っている時は
  使用しない方が良いと思います。
  オムニコートで雨上がり直後の使用も控えた方が
  良いと思われます。
  良いプレイが出来るガットを探して下さい。
  ナチュラルもマルチフィラメントも学生さんには
  価格的、耐久性に適さないガットです・  

Posted by mc1446 at 16:46Comments(22)TrackBack(0)

2017年10月12日

全日本ベテラン

  第79回全日本ベテランテニス選手権
  日時 平成29年10月1日(日)~10月11日(水)
  会場 名古屋市天白区
     東山公園テニスセンター
     福岡市博多区
     博多の森テニス競技場

    男子シングルス60歳以上
    シングルス 準決勝
    神澤 7-6(3) 6-2 倉島
    60歳以上に成ったから出場の二人
    学生時代、インカレ活躍、倉島は準優勝
    神澤はベスト4、シングルスの結果
    得点ポイント数は神澤は71、倉島は49
    エースは神澤は18本、倉島は8本
    年齢的な事で仕方ない事ですが、動態視力の
    衰えが有り、ジャッジミスが有り、審判をつけて
    ほしいものです。
    10時試合開始時には観客は5人で寂しもの
    でした。
    10月9日(月)祝日でした。
    60歳以上、シングルス優勝者は神澤でした。
    相手にミスをさせる、ボール(コース、回転)を
    打っているので、見ているよりは、プレイして
    いるプレイヤーは大変と思います。
    昔、強いプレイヤーは40年経っても強かった。
    60歳過ぎると、怪我、故障、病気等が有り、
    来年も今年の結果を残すのは少し大変の
    様です。
    選手の皆様、お疲れ様でした。
    試合結果、詳細は日本テニス協会ホームページ
    を御覧下さい。  

Posted by mc1446 at 14:36Comments(25)TrackBack(0)

2017年10月11日

訃報

   沢松 豊氏(93歳)、死去
   日本テニス協会顧問、
   平成29年10月10日、午前2時37分、死去
   1975年(昭和50年)ウィンブルドン女子ダブルス優勝
   沢松和子は次女、1995年(平成7年)全豪女子
   シングルス、ベスト8、沢松奈生子は孫。  

Posted by mc1446 at 10:25Comments(21)TrackBack(0)

2017年10月10日

開業日

   毎度ご利用有難う御座います。
   開業から10月10日(火)で35年目を迎える事が
   出来、心より感謝致します。
   昭和58年10月、名古屋市中区栄3丁目で開業
   現在の昭和区広路通には平成18年1月に移転  
   今年(平成29年)3月には9万本のガット張りを
   張る事が出来ました。
   開業時(昭和58年)には木製ラケットのガットを
   張る事も有りました。
   ガットもナイロン系(ハイシープ、ミクロスーパー)が
   主流でポリ系が登場するまでは十年以上経ってから
   です。
   現在は練習量の多い学生(中学、高校、大学)とか
   一般でも試合に出場する人はポリ系が多くなり
   昭和の時代とはラケットもガットもかなり変化して
   テニスのプレイも変化したと感じております。
   
   ガット張りについては、何時も気持ち良くプレイして
   戴ける様に心掛けております。
   肘、手首、肩等に負担が無い様に、エルボーに
   成らない様にスゥートエリアを設定して張り上げて
   います。
   今後も楽しんでテニスがプレイ出来る様なガット張りを
   提供致します。
   今後とも宜しくお願い致します。  

Posted by mc1446 at 19:29Comments(21)TrackBack(0)