QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
mc1446

ご利用のOSおよびブラウザにより一部の機能が正常に動作しない場合があります。
ご了承ください。
推奨環境はコチラです。

2014年06月16日

ガット張りについて

         ガット張りについて
   当店のガットは張りは縦糸、横糸共に全て同じテンションでは張って
   いません。
   より打ち易くする成る様に多少の調整をして張り上げております。
   プレイヤーの方が打ち易いと評価して頂ける様にと張っております。
   縦糸16本から20本、横糸15本から20本の全て計、約36本から
   40本のガットを引っ張るのは箇所によって異なります。
   張り方の1本張りとか2本張りは打ち易くするには影響は少ないと
   思って張っております
   お客様で縦より横を3から5ポンド落とす方がいますが、打ち易ければ
   良いのですが、横糸を落としても打球感が変わらなければ、変える
   事は無いと思います。
   縦糸と横糸のテンションを変える事についての根拠を調べてみては
   どうでしょうか?
   はっきり納得のいく説明であれば変えるのも良いでしょうが、納得が
   出来なければ、無意味、無駄と思います。
   少しでも良いプレイをして頂く為にガット張りをさせて頂いております
   張り上がり状態が店によって違うのは、料理で言う味付けがガット
   張りに成ります。
   ガット張りは店によって、違うのが当然と言う気がします。
   縦糸、横糸のテンションを変えるのは自由で良いテニスがプレイ
   出来れば何も問題は無く、本人の気持ちの持ち様です。
   縦糸、横糸のテンションを変える事についての話でした。

この記事へのトラックバックURL