QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 29人
プロフィール
mc1446

ご利用のOSおよびブラウザにより一部の機能が正常に動作しない場合があります。
ご了承ください。
推奨環境はコチラです。

2016年05月25日

テンションについて

    テンションについて
  ラケットのフェイス面積が同じでストリングパターン(縦、横、ガット数)
  が違う場合、メーカーによっては同じテンションでの表示が有ります。
  縦と横が18と19、 18と21では 同じテンションだ張れば
  18と21の方が硬く成って当然と思います。
  ガット数が多く成れば、硬く成るので、ラケットを変えた場合は
  テンション指定する時にガットの本数を確認してから依頼する
  様にして下さい。
  昨日、ガット本数が多いラケットと気がつかず、従来通りで張った
  お客様は硬くて使えなかったと本日、張り替えに来店されました。
  ラケットを変える際にガット数を確認の上、テンションを指定して
  下さい。
  メーカーのカタログには同じテンションでの表示指示でした。
  もう少しユーザーの事を考えて欲しいと感じました。
  

この記事へのトラックバックURL