QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
mc1446

ご利用のOSおよびブラウザにより一部の機能が正常に動作しない場合があります。
ご了承ください。
推奨環境はコチラです。

2016年11月23日

近藤大生選手新聞記事

    近藤大生選手引退新聞記事が平成28年11月23日(水)
  中日新聞に載っていた。
  11月18日の試合で現役に別れを告げた。
  小学生1年生の頃テニスを始めた。当時テニスクラブのコーチは  
  センスは飛び抜けていた。
  「人徳があるんだから」恩師は太鼓判を押す。
  ダブルスで全日本テニス3回優勝、デビスカップにも出場
  シングルスで小学生、中学生、高校生で日本一に成っても、
  一般で日本一に成り、世界4大大会出場するのは想像もつかない
  くらい大変な事と思われる。
  東海地区から4大大会に出場したのは三重県から男子が2人だけで
  ジュニア時代全国大会で活躍人でもいない。
  三重の二人は中学卒業後は他府県に移っている共通点がある。
  人柄、人徳だけでは勝つ事は難しいと思われる。
  福井烈氏と同期の白石正三氏(故人)は高校時代、愛知県で
  シングルスで県大会決勝で敗れて、高校総体でも16.ベスト8に
  残れなかったが、最終的には全日本テニス(一般)でシングルス優勝
  デビスカップもシングルスで出場した。
  18歳(高校卒業後)からが本当の勝負と思われる。
  福井烈氏と対等に戦えるまでに成ったのは相当の努力が有った
  ものと思われる。
  全日本テニスシングルスで優勝する難しさを感じました。
  地元選手とはいえ、かなり大きく新聞記事に成った事はコーチが
  言うように人徳は有ったと思いました。
  34歳、良い指導者に成る事を期待しています。
  

この記事へのトラックバックURL