QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 26人
プロフィール
mc1446

ご利用のOSおよびブラウザにより一部の機能が正常に動作しない場合があります。
ご了承ください。
推奨環境はコチラです。

2017年11月08日

ビデオ判定導入

  ライブで史上初、ビデオ判定導入
  2017年(平成29年)9月18日、男子ツアーを
  統括するATPはイタリアのミラノで11月に初開催
  される21歳以下のツアー最終戦で史上初めて
  ライブのビデオ判定を導入すると発表した。
  線審の誤審を防ぐのが目的で、インとアウトの判定
  は全て機械が行う為、線審は置かない。
  現行のライン判定機を応用した「ホークアイ・ライブ」
  を設置し、ショットが外れると瞬時に自動で「アウト」
  とコール。
  ライブ判定は最終となりチャレンジは適用されない。

  2017年6月13日、投稿記事に全仏男子準決勝  
  ナダル対フェデラー戦でナダルは「アウト」と判定され
  相手の打球に「イン」と訂正した。
  お互いに助け合わなきゃね、その方がテニスの為に
  いいと思う。
  と言った事を思い出した、機械で判定して精度は
  高くなるのは間違いないが、人が判定してジャッジミス
  するのもテニスの一部で「チャレンジ」までにして欲しい
  機械も誤作動する事も有るので、人の判定ミスの方が
  テニスらしいと感じた。
  それよりグランドスラムの大会、ラインズマンの年齢と
  体形の基準を設定した方がと思います。
  審判の資格を取得するのは大変らしいです。

この記事へのトラックバックURL